ウィーンでヨロッパの数人の司教との集会 1993年4月13日

ウィーンでヨロッパの数人の司教との集会 

聖ヨハネ・パウロ二世

1993年4月13-17日 ウィーン(オーストリア)(*)

『21世紀のヨーロッパは、なおキリスト教社会のままでしょうか?』教皇様からの質問に答えるために、1993年4月13日から17日まで5日間、ポルトガルからロシアにかけて、ヨーロッパ全体の国々から来られた5人の枢機卿と120人の司教が参加した集会がウィーンにおいて開かれました。 集会が4月14日水曜日の朝に開始し、〝三千年紀の戸口にある教会にとって新求道期間の道の重要性〟についてグロエル枢機卿は指摘しました。教皇庁信徒評議会の次官ポール・コーデス司教も、教皇様からの手紙を読み聞かせました。

ウィーンに集っている司教たちへの手紙。

「司教職における尊敬する兄弟たちよ、 敬愛する兄弟姉妹たちよ、 私がヨーロッパの新しい福音宣教に関する呼びかけをしてから、わずか数年しか経っていません。それにもかかわらず、すでに皆様がたは、新求道期間の道の多くの司祭、旅人、家族たちが、福音のために、寛大に大いなる熱意をもって、献身的に行っている宣教活動の実りについて、ともに考えるために、ウイーンに集まっておられます。これについて、私は大きな司めを覚えています。 1990年6月5日、ヨーロッパのための特別会議を開催するにあたって、私は、この大陸においては、大勢の人々が、「まるで、神が存在していないかのように」現実を眺めることに慣れてしまっているという事実を、残念に思いつつ、指摘しました。このような見地においては、「人間か道徳律の源となり、自分で自分に与える掟のみが、その良心と行動の尺度となってしまう」ということを、私は付け加えました(Insegnamenti, vol.XIII, 1, 1990, pp. 1517s)。 また、一方では、聖霊が現代の人々の問いに答えるために、 第二バチカン公会議を通して、効果的な手段をいくつか与えて下さったと言うことを否定することは出来ません。新求道期間の道もそのひとつです。私は、以前、その後数年のあいだに生じてきた、いろいろな結果に照らし合わせて、新しい福音宣教のために、このような体験をぜひ奨励したいと望み、手紙を書きました。司教職における兄弟たちが、この活動を評価し、助けてくださることを願っていたからです(1990年8月30日付けの手紙 参照)。 皆様のうちの多くは、この道の実りを直接にご自分の目でご覧になっており、また、教会におけるこの新しい現実が広まっていくのを、最初から、大いに推進してくださった当の方々でもあります。ですから、昨年ドミニカ共和国において、アメリカ大陸の司教方が集まって話し合って下さったことが非常に大切であったと同様に、皆様が、今日、これについてじっくりと考えてくださることは、とても大切なことなのです。 旅人や宣教家族の信仰を次第に成熟したものとしてくれる新求道共同体は、社会の世俗化、新興宗教の広がり、召命の不足といった、いろいろな問題に応えることが出来るのです。神のみことばを味わい、感謝の祭儀に参加することによって、聖なる奥義に関する教えを徐々にまなぶことが可能になり、こうして、教会の中に生き生きとした細胞を形づく り、信仰を徹底的に生きつつ、 真理の証しをすることができるほどに成熟した信者たちを通して、小教区の生命力を刷新するすることが出来るからです。 この道は、キリスト教の信仰が薄れてしまった地域に必要な教会の再生のために、特に適していると思われます。それは、人間をその倫理的行動において、神から啓示された真理に従うことが出来るよう導き、神とその愛を知らぬが故に、崩壊してしまっている社会組織そのものを再建することが出来るからです。すでに、各地において、キリストの光となり、人生の模範となることが出来る宣教家族の「核」が出来はじめでています。 しかし、叙階をとおして、この新しい福音宣教のわざを支え、ともに歩むように養成された司祭がいなければ、このような使命は遂行することは出来ません。私は、数多くの召命を芽生えさせ、ヨーロッパの様々な国々に、「レデンプトーリス・マーテル」と言う、おとめマリアの甘美な名をもって呼ばれる、司教区立宣教神学院の設立を望まれた主に感謝しています。 私は、皆様の集いをもまた、母なるマリアのこご保護とその力強いお勧めに委ねます。この集いは、将来、皆様に、現代の人々のための使徒職において、邁進するカカと勇気を与えてくれることでしょう。 彼らは、神を識り、そのみ名を呼びもとめ、救いを頂くために、司牧者の導きと、司牧者に遣わされた証し人を必要としています。 私たちは、過越し徹夜祭において、荘厳に主の復活を祝いました。その復活された主の光が、皆様のうちに輝きつづけ、教会と全人類への奉仕という使命において皆様を支えてくださいますように。」

バチカンにて、1993年4月12日 ヨハネ・パウロ二世 (*) オッセルバトーレ・ロマノ紙 1993年4月22日 参照