聖パウロ六世

聖パウロ六世

伝記

ジョヴァンニ・バッティスタ・エンリコ・アントニオ・マリア・モンティには1897年9月26日にイタリアのロンバルディア州で生まれました。

1920年5月29日に、司祭に叙階されます。

1954年に司教に叙階され、1958年に聖ヨハネ二十三世によって枢機卿に任命されました。

1963年6月21日 に、カトリック教会の教皇に選出され、「パウロ六世」を名乗ります。

1965年に世界代表司教会議(シノドス)を創設します。

1968年に著した回勅「フマネ・ビテ」を通していのちの擁護者となりました。第二バチカン公会議の閉会をも行いました。

15年の在位期間を経て、1978年8月6日にカステルガンドリフォで帰天します。

教皇フランシスコにより、2014年10月19日に列福され、2018年10月14日に列聖されます。


資料